給与計算・電子申請に強い社労士が、労働問題、労働者派遣、就業規則作成・変更、助成金申請を丁寧にサポートする相模原市中央区の荻野社会保険労務士事務所。

〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原6-22-9朝日相模原ビル704号

 営業時間:9:00〜17:00土日・祝日を除く) ビル1階に「日本年金機構ねんきん
 サテライト
相模原中央
」という赤い看板が2つあります。入口はビルの側面です。

お気軽にお問合せください

042-786-7580

就業規則の作成届出

トラブル防止の就業規則作成

・就業規則は、職場の労働条件や

   規律 を明かにしておくことは労働
 者、従業員にとって重要な意 味があり
 ます。

・言った言わないなどの基本的なトラ
 ブルを防止する意味でも明文化して
 従業員に渡しておいた方が良い事項などが多々あります。

・今ある就業規則で労務トラブルを防げるか心配だ・

・また懲戒のときにそんなことは聞いていないなどのことが多く
 発生していますので要注意です。
・実は就業規則を作成していない。
・就業規則はあるが何年も見直ししていない。

・就業規則の見直しのプイントがわからない。

 

こんな時はご連絡ください。
・従業員が10名以上になったため、就業規則を作成したい
・就業規則がうまく運用できないため、アドバイスがほしい
・部下の労働時間をきちんと把握し、管理していきない
・雇用契約書がないので、作成しない
・年次有給休暇の取得促進のためのアドバイスがほしい
・短時間正社員や限定正社員の導入をかんがえているが
・パートタイマー用の就業規則を整備したい
・問題社員の減給・解雇の対処法はどうすべきか
・労働違反や不当解雇で裁判だけは避けたい
・うつ病や精神疾患を持った社員がいるが休職制度はどうする
・「労働基準監督署の調査が入った」
・「労務トラブルが発生した」
・無届欠勤を理由に解雇した従業員から不当解雇を理由で訴えられた
・不当解雇による元従業員からの訴訟問題


 

必ず記載しなければならない事項(絶対記載事項)

【労働時間関係】
 ①始業と終業の時刻
 ②休憩時間
 ③休日
 ④休暇
 ⑤交替制で就業させる場合は就業転換
  に関する事項

【賃金関係】
 ①賃金の決定・計算の方法
 ②賃金の支払の方法
 ③賃金の締切日と支払の時期
 ④昇給に関する事項

【退職関係】
 ①退職の事由とその手続き

 ②解雇の事由等


 

 

定めをした場合は必ず記載しなければならない事項(任意記載事項)

①退職金(手当)に関する事項
 (適用する従業員の範囲、退職金
   の決定・計算・支払方法、
   支払時期)
 ②臨時の賃金等(退職金を除く)
  最低賃金額
 ③食費、作業用品、その他の負担させる内容
 ④安全ト衛生
 ⑤職業訓練
 ⑥災害補償、業務外の傷病疾病
 ⑦表彰、制裁の種類と程度
 ⑧その他全員に適用されるもの(旅費、福利厚生等)


【任意に記載する事項】
 ・就業規則の制定の趣旨、経営理念など

就業規則の作成と変更の流れ

   ①就業規則の作成・変更
  ②従業員代表の意見徴収
  ③労働基準監督署へ届出
  ④従業員への周知

荻野社会保険労務士事務所へのご依頼の流れ

 

 

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします
 

    1.現状の把握・分析
     まず、御社の現状をお聞きします。旧規程があれば
     拝見し、内容の確認を行います。ない場合は、普段
     から従業員の皆様へお話しされていることをお聞き
     します。また根幹となる内容の説明とします。

 

  2.試案の作成
     試案を作成してご提案します。
     打合せを含めて法違反、記載漏れ、会社に実情に合
     わないものがないかなど検討しながら作成します。

  3.原案の作成
     各項目を条文形式にして内容の確認などを再度チェ
     ックします。この段階で「就業規則」の形となります

  4.従業員代表の意見の聴衆
     原案を従業員代表に提示して「意見を聴衆」します
     ※必ずしも同意を得る必要はありません

  5.労働基準監督署へ提出
     従業員代表の意見書を添付して提出します

  6.従業員への周知と徹底
     全従業員へ就業規則を周知します。
     周知方法は、直接配布、掲示、ネットで公開等、
     従業員従業員がいつでも見られる方法であれば
     構いません


荻野社会保険労務士事務所が選ばれる理由

  ・着手金が0円だから
   ・原則として、初回のヒヤリングは御社へお伺いして行う
   ・何度でも修正してくれるから納得した就業規則ができる
   ・賃金規程や育児・介護休業規程も依頼できる
   ・
労働基準監督署への提出もやってくれる(電子申請)

 

 

お電話でお問合せ

平日は、時間がないという
方も安心してお任せ下さい


平日はお仕事で忙しいという方のために、土日もご相談を受け付けております。
電話の方は
042-786-7580
メールの方は
office@e-syaroushi.com


 

 

相談内容は守秘義務があります

お客さまとの対話を重視していますから安心です

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

お電話でのお問合せはこちら

042-786-7580

 受付時間:9:00〜17:00
     (土日・祝日を除く)
 ※予約をいただければ土日
  の対応可能です。
お気軽に
  お問合せください。
  ※メールでのお問合せはこちら
         office@e-syaroushi.com

よくあるご相談
  • 労務トラブルで解雇したいが?
  • 社会保険、雇用保険、労災保険に加入したい?
  • 社員に知られたくない相談をしたい?
  • 裁判所から呼出状・答弁者催告状が届いた
  • 手続費用、相談費用はいくらになる?
  • 行政機関に知られたくない内容だけど大丈夫?

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のような
       ご
相談はもちろん、疑問や悩み事など、遠慮なくご相談く
   
ださい。特定社会保険労務士には、守秘義務があります。

社会保険労務士としての信用  信頼・安心・安全の証しです

     QRコード