給与計算・電子申請に強い社労士が、労働問題、労働者派遣、就業規則作成・変更、助成金申請を丁寧にサポートする相模原市中央区の荻野社会保険労務士事務所。

〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原6-22-9朝日相模原ビル704

受付時間:9:00〜17:00土日・祝日を除く)

お気軽にお問合せください

042-786-7580

障害年金の請求

障害年金(厚生・基礎)年金の相談と請求


       障害厚生年金と障害基礎年金は、病気やけがによって生活や                   仕事  などが制限されるようになった場合に支給されます。

   ・障害厚生(基礎)年金は、初診日に加入していた年金の種類によ
    って支給される年金が違ってきます。
     ※初診日~障害の原因となった病気やけがについて、初めて
                 医師等の診察を受けた日をいいます。


   ・支給される年金
     障害厚生年金(1級~3級)障害厚生年金+配偶者の加給年金
     障害基礎年金(1級~2級)障害基礎年金+子の加算額

 

       ◎障害厚生年金 (厚生年金)
               1
.厚生年金に加入している間に初診日があること
                
2.一定の障害の状態にあること
                     
厚生年金に加入している期間に初診日のある傷病により
                     
障害認定日(※)に障害の程度が1級~3級までの障害
                     の状態にあるとき。
                
3.保険料の納付要件
                     
初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たして
                     
いること。

                       (1)初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間
                           
の3分の2以上に期間について、保険料が納付または                             免除されていること。
                       
(2)初診日において65歳未満であり、初診日のある月の                              前々月までの1年間に保険料の未納がないこと。

 

            障害基礎年金 (国民年金)
                   
1.国民年金に加入している間に初診日があること。
                         (
20歳前や、60歳以上65歳未満(年金に加入し
                          いない期間)で、日本国内に住んでいる間に
初診日
                          があるときも含む)
                     
2.一定の障害の状態にあること。
                          
障害認定日(※)(または20歳前に初診日があるとき
                          
は、20歳に達したとき)に障害の程度が1級または
                          
級のいずれかの状態にあるとき。
                      3
保険料の納付要件
                           
初診日の前日において、次のいずれかの要件を満た
                           し
いること。
                            (
1)初診日のある月の前々月までの公的年金の加入
                              
  期間の3分の2以上に期間について、保険料が
                            
  納付または免除されていること。
                            
(2)初診日において65歳未満であり、初診日のある
                                の前々月までの1年間に保険料の未納がないこ
                                
と。

         ※障害認定日とは?
           障害の程度を定める日のことで、その障害の原因となった傷病につ
           いて初診日から起算して、1年6ヶ月を経過した日、または1年6ヶ月
           以内にその症状が治った場合(症状が固定したとき)はその日をいい
           ます。

老齢厚生(基礎)年金の相談と請求

   ・老齢厚生年金と老齢基礎年金は、老後の保障として支給されます。
      ・請求しないと1円も支給されません。
  ・原則の
加入期間は、従来25年でしたが今回の改正で10年に            短縮されました。
  ・加入期間とは、厚生年金+国民年金+カラ期間+免除期間+共済
   加入期間の合計です。
  ・当事務所では、請求もれを防ぐため過去の記録を全て確認した上で
   の請求となります。

 

遺族厚生(基礎)年金の相談と請求

 ・遺族厚生(基礎)年金は、一家の働き手の方や年金を受けている
           方が亡くなられたときに、ご家族に支給される年金です。
   ・亡くなられたときに、厚生年金・国民年金のどちらに加入してい
    たによって遺族年金の種類が違ってきます。
   ・受けられる条件
     遺族厚生年金~亡くなった当時の遺族に支給されます。
   ・厚生年金保険の被保険者である間に死亡したとき
   ・厚生年金保険の被保険者期間に初診日がある病気やけがが
    原因で、初診日から5年以内に死亡したとき
   ・1級・2級の障害厚生(共済)年金を受けている方が死亡
    したとき
   ・老齢厚生年金を受けている方、または受け取るために
    必要な加入期間の条件を満たしている方が死亡したとき
    遺族基礎年金~亡くなったとき、死亡した方によって生計を
    維持されていた「子のある配偶者」または「子」に支給
    されます。
   ・国民年金の被保険者である間に死亡したとき
   ・国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満で日本
    国内に住所を有していた方が死亡したとき
   ・老齢基礎年金を受けているかたが死亡したとき
   ・老齢基礎年金を受けられる方が死亡したとき 

 

ご持参して頂く書類

 ・年金手帳または基礎年金番号通知書(複数お持ちの場合は全て
    ・認印(印鑑)
    ・職歴のメモ(会社名・就労期間等のメモをお持ちください)
    ・その他

お電話でのお問合せはこちら

042-786-7580

 受付時間:9:00〜17:00
     (土日・祝日を除く)
 ※予約をいただければ土日
  の対応可能です。
お気軽に
  お問合せください。
  ※メールでのお問合せはこちら
         office@e-syaroushi.com

よくあるご相談
  • 労務トラブルで解雇したいが?
  • 社会保険、雇用保険、労災保険に加入したい?
  • 社員に知られたくない相談をしたい?
  • 手続費用、相談費用はいくらになる?
  • 行政機関に知られたくない内容だけど大丈夫?

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のような
       ご
相談はもちろん、疑問や悩み事など、遠慮なくご相談く
   
ださい。特定社会保険労務士には、守秘義務があります。

社会保険労務士としての信用  信頼・安心・安全の証しです

     QRコード